大衆演劇の都

都 若丸劇団の追っかけブログなり。

都 剛副座長芸道20周年!私の感じたこと

スポンサーリンク

梅田呉服座にて2016年9月13日!都 剛20周年公演

 

f:id:hmic:20160914125307p:plain

2016年9月13日☆都 剛副座長が役者になって20年というめでたい日でした^^剛副座長おめでとうございます!役者人生良い事ばかりではなく辛い事も沢山あったことと思います。

 

f:id:hmic:20160914130922p:plain

 

14歳から妹と一緒に役者の世界へ飛び込み、他の世界に心動かされることなく辛い事があろうが立派な役者になるんだ!という野望を心の底に抱き続け20年!

 

立派な役者になることだけに心を集中させやってきた結果が今の都剛副座長なんだと思います。私、剛副座長に聞いた事があるんです。休みもない自由な時間もほとんどない役者の世界に

 

「役者さんやってて嫌になることはありませんか?」って

そしたら剛副座長は

「嫌な事あっても舞台に立つと忘れちゃうんです」っていつか、言っていました。上のことわざは

一意専心(いちいせんしん)

他に心を動かされず、ひたすら一つのことに心を集中すること

 

 剛副座長20年の役者人生にふさわしいことわざかななんて勝手に決めさせてもらいました。剛副座長役者になってくれてありがとう^^

 

そして、都若丸座長も剛副座長へお祝いのメッセージを綴っていますね

剛、20年の芸の道

決して楽なものではなかったね

 

少し真面目で少しマヌケなお前が大好きだ。

俺の相棒!

決して揺らぐことなくこれからも相棒でいてくれよ

もちろんお前に負けないように頑張るからね。

 

若丸という華がどれだけ咲いても、グラつく事なく支える1本の樹が剛という決して折れない男なんだよ。

 

明日頑張れ!

都 若丸劇団 都 若丸ブログ 「おとなじゃなくていい」より

 

 都 剛副座長今では凄い人気で沢山のファンがいます。ネット世界では、都剛 座長として旗揚げしては???なんてコメントもみたことありますね。都剛副座長が天狗になって自分の力を過信しすぎていたら???

 

都剛副座長は、自分自信が舞台で輝いていられるのは、若丸座長のおかげなんだと!とても心に強く思っているんです!若丸座長と共に歩んで行くことが自分にとって一番輝ける場所なんだと

 

一人の座長を支え続ける剛副座長の生き方に私はファンになりました。感謝の心、謙虚な心、思いやりの気持ちを沢山持ってる都剛副座長だと思います

 

 

そして、都剛という役者の魅力を引き出してきたのは、若丸座長だと思います。とにかく若丸座長にも沢山のファンがいるのですが、負けず劣らず剛副座長にも沢山のファンがいます。

 

もしも、嫉妬心などの気持ちを若丸座長が抱いていたら???ここまで剛副座長は輝いていられなかったのかもしれません。お互いが高め合う存在として意識していることで都若丸劇団全体の空気が、本当にまとまりをもちファンの心に響く舞台となるのだろうなと思います。

 

若丸座長ってやっぱり大きな人だな^^お弟子さん達みんなに慕われるはずですよね^^これからも、どんどん輝き続けて下さいね!