大衆演劇の都

都 若丸劇団の追っかけブログなり。

都の人気がハンパない!だけど、若丸座長は常に謙虚な思いを忘れない

スポンサーリンク

都 若丸座長の思い

f:id:hmic:20160910035911p:plain

そう、都若丸劇団の人気が凄いことになっていますね!!こんなにも人気になってしまうと「人気があってあたりまえ、俺なら大丈夫」なんて思いも人間なら自然と湧き上がってくるものです。

 

しかし、若丸座長の思いとは、常に当たり前じゃないんだという思い。どんなに人気が出たとしても自分達の力でお客様を楽しませることを忘れずに自分の魅力と芸に磨きをかけること

 

天狗になることがないんです!常に良い舞台を!劇場で公演できることをとても、ありがたいと語る若丸座長!大衆演劇は、自分達が行きたい場所に行けるわけではないんです。

 

言われた場所に若丸座長達は、移動するんです。同じ場所に乗れなかったら「落ちた」と言われそれ以上の場所に乗れた時は「さすが都」と言われるまでだと

 

都劇団は、一生懸命頑張ってやってるからと応援する私達ファンの事をとてもありがたく感謝していますと言っていました。とにかく昔も今もどんなに人気が出たとしても変わらずファンを思う気持ちは変わっていないんです。

 

どんなに人気が出たとしても天狗になってもおかしくない状況だとしても舞台に対する思いファンを大事にしたいという思いはぶれることなくやってきた結果が今の都なんだと思います

 

舞台に対する思いお客様をどうやったら楽しませてあげれるのかを考え舞台にぶつけてくる若丸座長にファンも答えてあげたいと感じます

 

ファンとしてこれからの都 若丸劇団を目に焼け付けていくこと。

「不安になったり気持ちが沈んだ時は、舞台においで」と若丸座長^^確かに行ったらとっても元気になって帰ってる!元気になって帰るはずだけど久しぶりの都の空気に触れると泣けてくる(笑)

 

若丸座長!元気になるつもりですが嬉し涙はありですね(笑)